2019年06月17日

やっぱりNY土産の定番はGHIRARDELLIのチョコレート

会社でNY出張土産を頂きました。
9DC15F90-5722-4301-94F4-F8C0FC86C58B.jpeg
GHIRARDELLIのチョコレート。バラマキ用お土産の定番ですね。
このところ暑かったので、チョコレートは少し溶け気味でした(>_<)

ストロベリーとキャラメル。
他にはミントもありました。

チョコミントといえば水色と茶色のコンビですが、違ってました。
ミルクチョコレートの中に透明というか白というかのミントペーストが入っていました。
ミントの飴に近い味です。

甘いですけど、外国のチョコレートにしては控えめですね。
もう一種類別メーカーのチョコレートもいただいたのですが、そちらは激甘でした。
あまりに甘いものを食べると最近なぜか疲れるんですよね。
ちょっと甘いものを食べると元気が出るのですが、やりすぎはダメなようです。



posted by リタ at 22:46| Comment(0) | グルメ_NY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

日本にも浸透したチキンオーバーライス

チキンオーバーライスといえば、ニューヨーク名物、ハラルガイズのチキンオーバーライスですが、近頃は日本でも浸透してきたようで、スーパーの惣菜売り場でチキンオーバーライスが売っていました。

ハラルガイズのチキンオーバーライスはこんな感じですが、
DSC_0271.jpg
日本のスーパーの惣菜売り場のチキンオーバーライスはこんな感じ。

0D6E2528-EACA-4634-86B3-D8F241AD7634.jpeg
見た目がだいぶ違いますね。
白いソースと赤いソースはハラルガイズは持ち帰りだと別でついてますので、紅白のソースという意味では同じです。

食べてみると、うーん、やはりハラルガイズのスパイシーで激辛な赤いソースとは全然違うピリ辛の甘めのソースでした。
アボカドも入ってますね。
肉も日本のは割と形がしっかりしています。
米も日本米でピラフ的な味付けでした。

私は肉があまり好きではないので、日本のスーパーの惣菜売り場のチキンオーバーライスの方が食べやすく感じました。
日本のスーパーの惣菜売り場で売るには多少日本人の口に合うようにしているのでしょうか。
それとも、ハラルガイズ以外のベンダーのチキンオーバーライスを真似ているのでしょうか。


posted by リタ at 00:00| Comment(0) | 日本の中のNY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

ロブスターと伊勢海老の違い

ロブスターと伊勢海老の違い、それはなんだと思いますか?
ロブスターはハサミがあります。
伊勢海老にはハサミがないです。

なぜ急にそんなことを言い始めたかというと、ふるさと納税で活伊勢海老を返礼品としていただいたからです。

9429539F-A00C-4E2B-AA02-16F3AF476E31.jpeg
おが屑の中には生きた伊勢海老が二尾入ってました。
跳ねる跳ねる。シンクから飛び出さんばかりの勢いです。
伊勢海老は結構棘があるので、軍手で掴むように説明書きがありました。

以前のロブスターの写真と比べてみましょう。

tmp_DSC_0081-621806538.jpg
こうやってみると、全然違いますね。
ツルツルで、ハサミがあって、気持ち伊勢海老よりも頭が小さく胴体が長い気がします。

いやー、伊勢海老跳ねすぎて、まな板の上で写真なんて撮れなかったです。
ロブスターもイキがいいと海老反りするのでしょうか。

伊勢海老は刺身と塩焼きにして、刺身の残りの頭は味噌汁にして、さらに殻で出汁をとって雑炊にと、食べ尽くしました。
満足。

活ロブスターは日本だと全然見ないですね。一回だけデパートの鮮魚売り場で見ました。たぶん、季節的なものもあると思います。
その後は見てないので。

ロブスターがまた懐かしくなりました。


posted by リタ at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。